デジタル機器紹介

先端の医療機器を導入しています

口腔内デジタルスキャナーとは、口腔内を小さなカメラで撮影し、撮影したデータを元にコンピューター上で立体画像として再現することが可能になる装置です。

DIGITAL01 口腔内デジタルスキャナー

詰め物・被せ物の治療に…

矯正治療に…

3D口腔内スキャナーの特徴

歯科治療では詰め物、被せ物、矯正治療など、様々な場面で歯型をとる機会があります。
3D口腔内スキャナーを使用することで、型どりの過程を1回のスキャンニングで行うことができるため、精度の高いデータの取得に加え、嘔吐反射の軽減や治療期間の短縮も可能となります。

導入メリット
歯の型どりの苦痛がなく、時間も短縮できる

今までのように歯の型を取る必要がなくなり、カメラで短時間に行えるので嘔吐反射がある方も安心して治療が行えます。

通院回数が少なくなる

歯の型を取る工程が機械によって短縮されるため、通院回数が少なくなり時間を有効活用することができます。

DIGITAL02 マウスピース矯正専用口腔内
デジタルスキャナー

3Dデジタル口腔内スキャナー
( iTero )とは…

歯科先進国であるアメリカの医院で導入されている、先端医療機器です。口腔内を撮影し、精度の高いデータを3D化した状態で保管することが可能となります。

導入メリット
1.取り外しもできる矯正用のマウスピース作成が可能

透明のマウスピースを作成することで、見た目が気にならず矯正を行うことができます。取り外しも可能なため、食事もしやすくなります。

2.歯の型どりの苦痛がなく、時間も短縮できる

粘土のような物で歯の型をとる必要がなくなったことで、嘔吐反射や不快感がなくなり、患者さんの負担が軽減されます。

3.スキャナーの精度が高く、デジタル保管なので劣化、変形がない

光学スキャナーを使用することで、従来のように作成段階で模型が変形することがなくなり、矯正治療に影響がでなくなります。

4.矯正後の歯の状態を立体画像で確認できる

矯正治療後にどのような状態に治るのかイメージできない部分も、この装置では具体的に画像で見ることができます。

FLOW 治療の流れ

  1. 口腔内デジタルスキャナーを使用して、
    口腔内を撮影していきます

    今までは、粘土のようなもので歯の型を取っていた工程がなくなり、小型のカメラで簡単に撮影が可能になるため、患者さんの負担が少なくなります。

  2. 撮影したデータを元にコンピューター上で歯を立体的に再現していきます

    患者さんのお口の中の状態が機械の中で確認できる状態になり、治療箇所、方法などを具体的かつ正確に導き出すことができます。

詰め物・被せ物治療の場合

専用の機械で詰め物・被せ物を製作していきます
コンピューター上で完成した詰め物・被せ物のデータを元に、専用の機械で形を作っていきます。

熟練の技工士が最終チェックを行います
出来上がった製品を当院に常駐している熟練の技工士が、最終チェックを行っていきます。
完成後、調整する必要はほとんどありません。

矯正治療の場合

3Dデータに基づいて治療計画を立案していきます
3Dデータを元に治療計画のシミュレーションを行っていきます。

矯正装置の発注・製作を行い、
装着後、治療を開始していきます

治療計画に基づいて製作された装置が、アメリカの工場から日本に輸送されます。医院に届き次第、装着し治療を開始していきます。

※デジタルスキャナーを使用した治療は
“保険適用外”となります。

スタッフにより、ご説明をしっかりと
させていただきますので、当院まで
お気軽にご相談ください