スタッフ

むし歯予防のポイント

名古屋市北区の歯医者、医療法人応世会 大野歯科医院です!
皆さんにぜひ知っていただきたいのは治療よりも「予防」が重要であるということです!
毎日のケアが不十分で、歯に汚れや細菌の塊がこびりついてしまったり、歯と歯の間のたべかすなどから細菌が増殖していき、むし歯や歯周病につながってしまいます。
歯に穴が空いている、歯が痛い、歯がしみる、歯がぐらぐらする、歯茎から出血するなどの症状がある方は早めに歯医者を受診しましょう!
症状が出ているのに放置していると、歯や神経を抜かなければいけなくなることもあります。
そのような症状になる前に、しっかり予防ができていれば当然歯の寿命は長くなります。
健康な歯の維持には日ごろの予防習慣が大事なのです!

今回はむし歯予防のポイントをお伝えします
どんなときにむし歯になってしまうのでしょうか?

①唾液の量や質
唾液には酸を中和し、とけだしたカルシウムやリンを歯の表面に戻す「再石灰化」を促す力があります。
唾液の量や質が不十分だとむし歯のリスクは増加します。

②食事の習慣
不規則にだらだらと飲食を続けると、歯は長時間 酸にさらされ、むし歯になりやすくなります。

③歯磨き
食べかすや細菌の塊を、歯磨きで落とせていないと、むし歯になりやすくなります。特に寝る前が重要です。

④歯科医院でメンテナンス・定期検診
自宅のケアだけでは、みがき残しがでて落としきれない部分がでてきます。自分では落としきれない汚れがあるので、定期的に歯科医院でメンテナンスや検診を受診しましょう!
当院では予防歯科にも力を入れています!当院の予防歯科についてはこちらをご覧ください。

予防歯科

以上のようなむし歯予防のポイントを心がけ、健康な歯を維持していきましょう!
いつまでも自分の歯でおいしくご飯を食べられるといいですね!