管理栄養士ブログ

「オーラルフレイル」ご存知ですか?

こんにちは、医療法人応世会、管理栄養士の鷲田拓弥です。
今回は最近よく耳にするオーラルフレイルという言葉、これについて管理栄養士の視点からお伝えしたいと思います。

2020年5月号のプレジデントより抜粋してお伝え致します。
そもそもオーラルフレイルとは、口腔機能の軽微な低下や食の偏りなどを含み、身体の衰え(フレイル)の一つといわれております。
つまり口の衰えということです。オーラルフレイルに該当してしまうと誤嚥性肺炎や要介護へのリスクが高くなると言われ、死亡率も上がってしまうと言われています。

チェックするには
・残っている歯が20本未満
・噛む力が弱い
・舌の力が弱い
・滑舌の低下
・固い食品が食べにくい
・むせることが増えてきた

というような項目に3項目以上該当すると要注意と言われています。

栄養を取るうえでしっかりと咀嚼することも大切です。
気になる方は応世会の各医院にお気軽にご相談ください!

プレジデント2020年5月号参照