大学実験での一風景

今日は午後から大学で実験です。
私は研究生としてクラウンブリッジの研究生として籍を置いております。
大学を出てすぐに開業医に勤務し、開業し、あっという間に20年目に入ってしまいました。
今まで猿やら、犬やら、ウサギやらでインプラントについての実験は経験しておりましたが、ここ数年は臨床一筋でしたので、
そろそろ、歯学博士の学位取得に向けても力を注いで行きたいと思います。
実験は自分の性に会っているせいか、とっても楽しいです。

二人の先生の指導の下、がんばって続けて行きます。


写真右が橋本助教授。左が大学院生の百合草先生。
お二人が私を指導してくれます。
この金型にすい臓を入れてパラフィン(ロウ)で包埋します。 すい臓をパラフィン(ロウ)包埋してるところ。
切片を切る機械 キシレン固定をしてるラットのすい臓。

<<〜12月号・前のページ | 12月号・次のページ〜>>


×閉じる
Copyright (c)2003 医療法人 応世会 All rights reserved. リンク及び取材等のご連絡はこちらまでお寄せ下さい。