審美美容歯科 Q and A におこたえいたします
Thank you for your access



トップページ
治療案内

Q and A

Q.どのような治療なのですか?
A.お口元の審美的・形態的回復を目的に、気になる部分にヒアルロン酸を注入することによって審美的・形態的回復をはかる歯科治療です。

Q.20代の女性です。なんとなく口元のしわが気になるのですが?
A.ご案内にもございますが、歯科医院におきましては、以下のような場合に、ヒアルロン酸を用いた審美・美容歯科治療が適用となります。たとえば・・・
・歯が喪失して口元のハリがなくなってきた
・歯周病で歯茎がやせて口元が気になる
・咬み合わせが低くなって口元がたるむ
・顎顔面外科処置後の口元が気になる
・インプラントや矯正治療後の審美ケア
 したがいまして、単純に美容のみを目的とした治療はあまりおすすめいたしておりません。とはいえ、「見た目」の判断基準は、結局のところ患者様ご自身の「主観」によるものが大きいかと思います。患者様の価値観を第一に、きまりを遵守し、より安全で効果的な治療ができますよう、最善のご提案をいたしておりますので、詳しくは本院にお問い合わせいただけましたら幸いです。

Q.痛みはありますか?

A.一般的には、ヒアルロン酸を敏感なお顔に注射するわけですから、多少の痛みを伴います。特に肌の浅い部分、真皮層には痛点があり、 注射のチクッという痛みは我慢できるという方も、その後薬剤を押し出す時にまた違った痛みを感じることがあります。しかしながら、歯科医院では、ご希望の方には麻酔をして行いますし(歯科の麻酔で唇がしびれた感じになったご経験のある方も多いかと思います)、リドカインという麻酔成分の入った製品もございますので、施術前に十分ご希望をカウンセリングでお聞きいたします。ご安心くださいませ。

Q.効果はどのくらい持続しますか?
A.ヒアルロン酸は元々軟骨や関節など、生体内に存在する物質ですので、自然に生体内に吸収されます。個人差や使用部位、薬剤によって持続性が違いますが、平均して1年程度の持続効果があるといわれています。

Q.なるべく持続の長い薬剤を使ってもらいたいのですが、どうでしょう?
A.確かに、製品によっては3年から5年は持続するといわれるものもございます。しかしながら、そうした持続性の長い薬剤は、基本的には輪郭形成など、あまり動きのない部分(鼻筋とか顎先など)に適用となります。歯科口腔外科で対象となる部位はあくまでも口唇ですので、ここは非常に動きの大きな場所(可動域)です。そうした場所に持続性の長く硬い薬剤を注入しますと、長期的にたるみの原因にもなる可能性もございます。従いまして、歯科医院では、ある程度の期間で吸収されていく薬剤を選択することが多いです。

Q.治療後の注意点は何かありますか?
A.日常生活への支障は特にありません。注入は1カ所につき短時間で終わり、その後すぐにメイクすることも可能です。多少赤みが残る場合がありますが、ほとんどは当日のうちに消えます。

Q.副作用は?
A.ヒアルロン酸は元々人間の体内にある成分ですので副作用を起こす可能性は低いことが実証されています。本院ではすべて非動物性の細胞培養によって得られた精製されたヒアルロン酸製剤を使用していますので、狂牛病など感染症の心配がありません。またスキンテストも不要で、アレルギー発生率も0,1%未満と低いのが特徴です。したがって、たとえばコラーゲンですとカウンセリングとスキンテスト後、1ヶ月たってからの施術ですが、ヒアルロン酸の場合は、当日の施術も可能です。

Q.費用はどのくらいかかるのですか?割引とか?
A.健康保険の適用がございませんので自由診療になります。クリニックによって、また部位や注入量によっても施術料は変わってきます。詳しくは下記をご参照ください。

Q.頬のたるみが気になるのですが、ヒアルロン酸治療でふっくらできますか?
A.技術的には美容外科で可能です。しかしながら、歯科におきましては、診療領域外となりますので、たとえお口が原因で(たとえば歯肉のやせから顎骨切除にいたるまで、歯科の範囲は広範に及びますが)審美回復が必要だといたしましても、歯科口腔外科において施術することは致しかねます。ご了承くださいませ。



【治療費のめやす】
 本院では、CEマーク(欧州)やFDA認可(米国)など、製造・販売国における認可(日本でたとえますと厚生労働省許可)を得たヒアルロン酸製剤を使用しております(日本の厚生労働省が認可した、美容用ヒアルロン酸製剤は今のところございません)。

【鼻唇溝】
上唇のお鼻の横からお口の端(口角)にのびているしわ。法令線ともいわれます。ここを治療するだけでも、かなり見た目の印象が変わるといわれています。
¥63,000

【口角溝】
お口の端から顎の方向に向かってのびているしわ。マリオネットラインともいわれます。かみあわせが低くなったり、顎がやせてきたりすると現れてきやすいしわです。
¥63,000

【上唇部】
歯の欠損や歯肉のやせにより、唇が薄くなってきます。
¥63,000

【下唇部】
上唇よりは目立ちませんが、やはり上記と同じ現象がおきてきます。
¥63,000


*治療費は、左右でヒアルロン酸製剤を1カートリッジ(約0.8-1.0ml)使用した場合の目安を示しております。治療部位の大きさによって若干異なりますので、詳しくはカウンセリング時にお見積もりをいたします。カウンセリングは無料です。
*ご紹介割引もございます。詳しくはお問い合わせくださいませ。
【お問い合わせ】
052-912−8888

Copyright(C) 2010 Ouseikai All Rights Reserved.