健診について
虫歯や歯周病は、初期症状があまりありません。
歯ぐきから出血するなどの自覚症状がでた時にはかなり進行しています。健診を受ければ早めに発見できます。

また、義歯の不具合や舌など本人では気付かない症状を見つけて、早めに対処できます。1〜3ヶ月ごとの健診を受けるか、受けないかで歯の喪失本数に大きな差ができます。


毎月の健診により歯周病の進行をおさえ、虫歯予防の効果も高いです。特に乳歯が抜けてからの
永久歯は、虫歯になりやすいため3ヶ月健診よりも1ヶ月健診をおすすめします。
健診の時期については、患者様の状態に合わせておすすめをしております。

生涯自分の歯で食事を楽しみ続けるためにも、
健診を受け歯をいつまでも健康に維持できるようにするのが大切です。

 
×閉じる
Copyright (c)2003 医療法人 応世会 All rights reserved. リンク及び取材等のご連絡はこちらまでお寄せ下さい。