2014年5月18日付の読売新聞にこんな記事が掲載されました。



 
アンケートの回答を得た歯科医院の7割近くが、歯科用ドリルを適切に交換していないという記事です・・。
滅菌、消毒、殺菌という言葉がありますが、患者様の口腔内で使用する器具は「滅菌」されていなければなりません。
滅菌・・・対照物を限りなく無菌に近づけるための工程。
消毒・・・対象物に付着している病原性のある微生物を、害のない程度まで減らす。

歯科用ドリルは、高圧蒸気滅菌され、再利用されます。これを全ての患者様に行う為には、かなりのコストがかかります。そのために、このような残念な統計が出てしまったのかもしれません。

大野歯科医院の診療理念は
「歯科の専門家である自分自身が心から受けたいと思える歯科医療サービスの提供」です。
大野歯科医院では、1度使用したドリルは、専任スタッフによってマニュアル通りに洗浄され、滅菌パックに入れて高圧蒸気滅菌を行っております

また、院長は日本口腔感染症学会の認定医の資格や衛生検査技師の資格を持っており、院内の消毒滅菌は院長の指導の下に作られたマニュアルによって徹底されています。

皆さんの大嫌いなドリルですが、綺麗な体でお待ちしております



滅菌パック
 

×閉じる
Copyright (c)2003 医療法人 応世会 All rights reserved. リンク及び取材等のご連絡はこちらまでお寄せ下さい。