応世会
ドライマウス(口腔乾燥症)とは?
ドライマウスとは、日本語で「口腔乾燥症」といいます。広い意味では唾液分泌の
低下だけでなく、口が渇いてると自覚する症状すべてを指すことになります。また、
狭い意味では、唾液の分泌が低下して口が渇いている症状を指します。

        何が原因で起きるのか?

 主に、現代人に多いストレスや不規則な食生活が
 原因であるということがわかってきています


  ・食生活(スナックやファーストフードの摂りすぎ)
  ・精神的ストレスや緊張
  ・薬物の副作用
  ・年齢によるもの
  ・口呼吸
  ・その他病気など

<ドライマウス:悪影響とその治療法>

 
 唾液の分泌量が減少すると、口の中の状態が悪化して日常生活にも影響が現れます。
 代表例として虫歯、歯周病、口臭等があげられます。

 
 治療法は、生活指導や対症療法が中心で口の中の乾燥を防ぐ保湿処置などを
 症状に応じて処方、投与します。

 傾向として、几帳面な方、水を良く飲む方、スナック類をよく食べている方等に多く見られるようです。
 間接的に虫歯や歯周病の原因になるものですので、少しでも自覚症状がある方は
 医師にご相談することをお勧めします。


×閉じる
Copyright (c)2003 医療法人 応世会 All rights reserved. リンク及び取材等のご連絡はこちらまでお寄せ下さい。