アロマテラピーの導入
いい香りをかぐと、なんとなくホッとします。
一方歯科医院の場合
、入った瞬間に薬や消毒のいわゆる歯医者特有のにおいが
鼻に入ってきて、思わず治療に対して恐怖心を覚える方も多いのではないでしょうか?

医療法人応世会では、治療前の不安や緊張をできる限りやわらげるため、
各診療所すべてに業務用エッセンシャルオイルディフューザー(アロマスター社製)を設置し
100%天然のエッセンシャルオイルを漂わせています。
心地よい天然の香りが、患者様をリラクゼーションへと導きます。

医療法人応世会理事長・清水武藤は社団法人 日本アロマ環境協会の
認定するアロマテラピーアドバイザーです。


各医院では、現在次のようなアロマオイルが使用されています。
(1〜1.5ヶ月ごとに種類を変えています)

大野歯科医院 グレープフルーツ・
マンダリン

フローラルな基調をもった、ほのかに甘くデリケートな柑橘系の香りです。心を明るく高揚させる働きがあり、気分がリフレッシュされます。

予防歯科室「皓」 レモン・
グレ−プフルーツ・
ベルガモット
爽やかなレモンとグレープフルーツの香りには、気持ちをリフレッシュする働きがあります。 ベルガモットの香りには、不安と緊張をやわらげる働きがあります。
青山歯科室 グレープフルーツ・
マンダリン
フローラルな基調をもった、ほのかに甘くデリケートな柑橘系の香りです。心を明るく高揚させる働きがあり、気分がリフレッシュされます。
たつみ歯科 レモン・
オレンジ・
マンダリン・
ゼラニウム
神経系を鎮静する作用があり、ストレスからくる不安や緊張をやわらげる効果があります。
キッズ&ママ
デンタルランド
レモン・
ゼラニウム・
ペパーミント
レモンのフレッシュな柑橘系の香りとゼラニウムのフローラルな香り、ミントの爽やかな香りのブレンドです。気持ちを明るく高揚させる働きがあります。

×閉じる
Copyright (c)2003 医療法人 応世会 All rights reserved. リンク及び取材等のご連絡はこちらまでお寄せ下さい。